読み物読み物 【運気の上げ方・9】

ブログ「遠隔ヒーリングは愛のエネルギー」にて掲載した、「運気の上げ方」についての記事をまとめました。


  • 運気の上げ方 ・・・・・・・< 目次 >
  • 運気の上げ方 ・1 ・・・<1> ~ <3> 運気の流れ
  • 運気の上げ方 ・2 ・・・<4> ~ <6> 運気の種類を取り入れ上げる
  • 運気の上げ方 ・3 ・・・<7> ~ <9> 魔を除くと上昇する
  • 運気の上げ方 ・4 ・・・<10> ~ <12> 陰気を陽気に変える
  • 運気の上げ方 ・5 ・・・<13> ~ <15> 愛を持って見守ること
  • 運気の上げ方 ・6 ・・・ <16> ① ② 気場読解力をアップする
  • 運気の上げ方 ・7 ・・・<17> 第六感の鍛え方
  • 運気の上げ方 ・8 ・・・<18> ① ② ③ 運気の巡り
  • 運気の上げ方 ・9 ・・・<18> ④ ⑤ ⑥ 表情と気持ちの一致
  • 運気の上げ方 ・10 ・・<18> ⑦ ⑧ 運気アップの実践ポイント
  • 運気の上げ方 ・11 ・・<19> ① ② ③ 努力について
  • 運気の上げ方 ・12 ・・<19> ④ ⑤ 努力心を育てる
  • 運気の上げ方 ・12 ・・<20> 長寿になるための3原則

  • 運気の上げ方 <18>ー ④
    【 運気の巡り、表情と気持ちの一致 】


    私が経験の中で理解した 運気の巡りについてです。

    運気の巡りとは、リズムであり、循環のことです。
    リズムは単調のときもあり、リズミカルなときもあります。
    循環とは流れのことで、運気を上げて行くためには、
    良いリズムであり、良い循環が必要です。
    運気を上昇させるためには、良い巡りにならないといけません。
    良い巡りを自ら作ることをオススメします。

    よく、笑顔は良いことを生む!と思われていますが、
    いつも笑顔ばかりにしていることはあまりオススメできません。

    大事なことは、「顔の表情と気持ちを一致させて人と接すること」です。
    前回、「目付きをやさしくするということ」 について書きましたが、
    顔の表情と気持ちとが一致することが必要です。

    例えば、 悲しい場面に笑顔の人が居ると違和感を感じますね。
    普通、人の気持ちは特に顔の表情に出ますので、
    表情と気持ちが一致していないと、相手に誤解されてしまうときがあります。
    そればかりか、わかりにくい人だ!と思われ、
    信頼されにくくなりますので注意が必要です。

    以前、とても可愛らしく、感じのいい方がご相談に来ました。
    「人間関係が上手くいかない、私はみんなから避けられている」というお悩みでした。
    この方は、感じ良くするためにいつも笑顔でいるとのことでした。
    私は、場面場面で表情を変えないと心が読めず、誤解されてしまうので、
    いつも笑顔というのは変えましょう!とアドバイスしました。

    あなたの顔の表情と気持ちが一致しているかどうか
    身内ではなく友人に聞いてみてくださいね~。

    まとめますと、
    「運気を上昇させるためには良い巡りを自ら作ること。
    それには、人と接するとき顔の表情と気持ちを一致させることが必要です。
    顔の表情と気持ちが一致している人は周りに安心感を与え、人から信頼されます。 」

    信頼される人は良い巡りになり、当然の如く運気が上がります。


    image

    ▲ページトップへ戻る


    運気の上げ方 <18>ー ⑤
    【 運気の巡り、巡りを良くする態度とは 】


    私が経験の中で理解した
    運気の巡りについてです。

    運気の巡りとは、リズムであり、循環のことです。
    リズムは単調のときもあり、リズミカルなときもあります。
    循環とは流れのことで、運気を上げて行くためには、
    良いリズムであり、良い循環が必要です。
    運気を上昇させるためには、良い巡りにならないといけません。
    良い巡りを自ら作ることをオススメします。

    良い巡りになるためには、
    人に対して好感度がアップする態度を取る必要があります。

    どのような態度かと言うと
    あなたの話をちゃんと聞いていますよ!という姿勢です。

    具体的に説明すると

    ・相手の方に体を向けていること。
    ・話の内容を把握しながら聞いていること。
    ・話を聞くときに、うなずいて「聞いています」という合図を送ること。

    これに加え、相手の鼻先を見ていると、なおいいです。
    相手の目を見るでもいいですが、鼻先を見る方がマイルドになるのでオススメです。

    このようにしていくと、好感度がどんどんアップしていきます。
    この反対の態度を取ると人からは好かれません。
    相手の方に体は向いてないし、また、話の内容はうわの空で、うなずきもしない。。。
    こんな人とは話したくないですよね。
    ちょっとしたことに気をつけて、相手と話すときに上記のようにすると好感度が上がりますのでオススメです。

    まとめますと、
    「運気を上昇させるためには良い巡りを自ら作ること。
    それは、人と接するときに好感度がアップする態度を取ること。 」

    好感度が高い人には人が集まってきますので、
    良い巡りになり、当然の如く運気が上がります。


    image

    ▲ページトップへ戻る


    運気の上げ方 <18>ー ⑥
    【 運気の巡り、巡りを良くする言葉遣いとは 】


    私が経験の中で理解した
    運気の巡りについてです。

    運気の巡りとは、リズムであり、循環のことです。
    リズムは単調のときもあり、リズミカルなときもあります。
    循環とは流れのことで、運気を上げて行くためには、
    良いリズムであり、良い循環が必要です。
    運気を上昇させるためには、良い巡りにならないといけません。
    良い巡りを自ら作ることをオススメします。

    良い巡りになるためには、
    「人と会話するときの言葉遣いに気をつける」ことが重要になります。

    言葉とは現実を動かす力が強いので
    注意して遣っていくことをオススメします。

    常識的に失礼な言葉は遣いませんね。
    普通にしていればいいのですが、
    割と気づかないのが 場違いな言葉遣いをしてしまう事です。
    極端な例ですが、 友人と話すときに上品過ぎる言葉、
    丁寧過ぎる言葉遣いは似合いません。
    また、嫌がられる言葉遣いとは、押し付け、強要、命令するなどはNGです。

    例えば、
    「こうすればいい」「これにしなさい」となると嫌がられます。
    巡りを良くする言葉遣いとは、相手を肯定ながらも、自分の意見は言うというものです。

    例えば、
    「あなたはそれが好きでいいと思う。私はこれが好きだよ。」
    相手を必ず肯定していくと 良い巡り、良い人間関係を作ることができます。

    時として、相手を肯定できないという場合があるかもしれません。
    そんなときには、「私は理解できないけど、あなたはあなたでいいんじゃない」と肯定しましょう。
    このようにしていくと良い巡りを作ることができます。

    まとめますと、
    「運気を上昇させるためには良い巡りを自ら作ること。
    それは、人と会話するときの言葉遣いに気をつけること。
    基本は相手を肯定しながら、自分の意見は言う!
    このようにしていくと人との巡り、人間関係が上手く行きます。 」

    言葉遣いが上手な人は話がしたいと人が集まってきますので、 良い巡りになり、
    当然の如く運気が上がります。


    image

    ▲ページトップへ戻る