《 遠隔カウンセリングセラピーについて 》

◆ ■ ■
■

遠隔カウンセリングセラピーは、遠方の方、お仕事が忙しい方、精神状態が重すぎてサロンに来れない方、難聴の方、お体がご不自由な方が対象です。
また、カウンセリングメールを読み、じっくりと自己改善をしたいとお考えの方にも最適です。


まずは、ホームページにあります遠隔ヒーリング(遠隔気功)をさせていただきます。川島が遠隔中に浮かびました感想についてメールでお伝えいたします。

image

遠隔ヒーリング(遠隔気功)を受けていきますと、だんだんと性格が変化していきます。その性格の変化はどのようであったかについて、またご自分の気持ちなどをメールでお知らせいただきます。


人は頭で理解したつもりでも、なかなか潜在意識には浸透しにくいのです。通常の一般的なヒプノセラピーでは催眠状態になっていただき、潜在意識が優位になっているときに、ネガティブな記憶をポジティブに換えていく方法を取っております。

遠隔カウンセリングセラピーは、遠隔ヒーリング(遠隔気功)を使って、潜在意識に浸透しやすいようにチャクラを調整します。また、何回かの遠隔ヒーリングを受けますと、「潜在意識が望む自分」になっていきます。

潜在意識が望む自分になっている状態で、この自分を体験することが重要な学びとなります。実生活の中での体験は、しっかりとした学びと納得となります。そして、さらに潜在意識に浸透していくようになります。

遠隔を受けますと日頃できないと思っていることが、わりと楽にできてしまいます。実際に体験したことは自分にとっての栄養となり、また活力にもなります。カウンセリングメールは後で何度も読み返し、じっくりと感じてみることも良いでしょう。

上記のように、メールでのやりとり+カウンセリング+アドバイス+遠隔ヒーリング(遠隔気功)などをおこない、サロンまでお越しいただかなくても、交通費をかけなくても、直接お会いしてセラピーしているようなメニューです。

遠隔カウンセリングセラピーは、性格のバランスが取れますようにアドバイスをさせていただき、『あなたが性格を改善できる』お手伝いをさせていただきます。

自分ではなかなか気づけない性格のアンバランスについてアドバイスさせていただき、ご自身ではなかなか消化できない問題について学び、精神が向上するように学んでいただきます。カウンセリング+アドバイスは、メールかFAXでさせていただきます。

遠隔8回(1回平均20分×8回)+カウンセリング+アドバイス(必要な回数)です。遠隔については、1回分を半分にしておこなう場合もあります。また、邪気が抜けるまでは1回分の遠隔ヒーリングをおこない、邪気が抜けたあとは、遠隔1回分を半分に分けておこなっていく場合もあります。上記は、症状にあわせて川島が判断しておこなわせていただきます。

またお解かりにならないことは、気軽にお問い合わせください。

 tell
(受付時間 平日 9:30〜23:00/土日祝 9:00〜18:00)
※電話に出られない場合は折り返し致しますので、留守電にお名前とご用件をお願い致します。

 hpご予約・お問い合わせメールフォーム

image

 mailmhht.net@swan.ocn.ne.jp



その他、別の資料
中国医療気功についての説明はこちらから >>

■
■ ■ ■

HOME

Copyright(c) 2001-2014 Counsering Kawashima All Rights Reserverd.