≪YKさんのレイキアチューメントを受けての感想文≫

レイキアチューメントを受けて

imageカワシマさんのところへ何度か通い気功ヒーリングを受けていました。
その頃からカワシマさんのホームページでレイキのことを知り興味がわきました。
カワシマさんにレイキを受けたい意志を伝えると「今はまだ無理かもしれない。
アチューメントを受けても使いこなせないかもしれない」と言われました。

それほど自分の状態が悪く、
それからも何度かカワシマさんに気功ヒーリングを受けたり催眠療法を受けました。
そして、また新たにカワシマさんにレイキアチューメントを受けたい意志を伝えました。
カワシマさんの答えは「うん。きっと大丈夫でしょう。
ただ1回で全てを終了するのは無理でしょう。
たぶん体調が悪くなってしまうと思うので2日間に分けましょう」とのことでした。

アチューメント当日は前日からの疲れ等もあり、
体調(胃腸)の具合は悪く、朝、カワシマさんのところへ行っても若干、身体がふらついていました。
ファーストが始まりアチューメントを受けていると、
両手の手のひらがムズムズ、モワモワする感じがしました。
そしてファーストが終わり昼食になりました。
しかし胃腸の具合は復活していなくて、全然食欲がありませんでした。
それどころか身体のふらつきも治っていませんでした。
昼食の後、カワシマさんのところで横にならしてもらおうかな?とか、
やっぱり最後まで受けるのは無理なのかな?とか思っていました。

昼食は近くのお店で定食を注文したものの、ほんの一口しか食べることしかできませんでした。

そのあと、セカンドが始まりました。
胃腸の調子が悪くなっていたのでリタイヤしちゃうかな?と思いましたが
不思議とアチューメントを行う度に胃腸の具合が良くなってました。
セカンドが終わったときには胃腸の具合は治っていました。
身体のふらつきは若干ありましたが、元気になっていました。
これならサードまでもいける!!って思いました。カワシマさんにサードはどうしますか?
と質問され、大丈夫です。受けます。と答えられました。
image
サードが始まりました。
サードの1回目のアチューメントの時から額と言うか眉間というか、
その辺がムズムズしてました。
そして1回目のアチューメントが終わりに差し掛かった時、
一瞬、眩しさを感じました。
目を閉じていたのですが明らかに眩しさでした。
これが光の存在かのかな?って思うと少し嬉しかったです。
アチューメント終了後、カワシマさんからアチューメント途中にメッセージが伝わってきたと言われ、
そのメッセージを聞きました。
簡単の言葉だったけど深い意味がある感じでした。
またアチューメント最中に胃が光ったと言われました。
胃が光ったから胃はどんどん良くなっていきますよ。と言われました。

その後、アチューメントを受ける度に額のムズムズが激しくなり、
むずがゆい状態でした。
サードまで終わり2日間の予定だったのが1日で終わってしまい、しかも体調も良くなり自分でも驚いています。
翌日からフル・セッションをちゃんとしています。
今までと比べて気がついた点は手のひらが暖かい。暖かく感じることです。
その暖かい感じでエネルギーが伝わっていると感じると嬉しくなります。


しばらくして体調に異変がありました。
順調に回復していたのですが、おかしいと思いカワシマさんにメールで聞きました。
お返事は、レイキをやり過ぎているとのことでした。
また、カワシマの日記を読むように言われました。そこにはこんな説明がありました。




5月2日日記から
image気功や体操は、やり過ぎないことが注意点となります。
私は気功について、こんな説明をさせていただいています。
それは、ご飯を電子レンジで温めるのと似ている!!
と私は説明させていただいております。
つまり、レンジのクッキングタイムは適正な分数が1番おいしい!!
タイムが足りないと温まらない!また、温め過ぎるとご飯が硬くなる!



つまり、自分の場合はレイキが良かったため、ついついやり過ぎてしまったせいだったのです。
また、カワシマさんから聞いたメッセージはこれに当たることでした。
今後は、コツを知ったので、これからどんどん体調が良くなる気がします。
Copyright(c) 2001-2012 Counsering Kawashima All Rights Reserverd.