≪TAさんの自己改善7回コースの体験感想文≫

自己改善7回コースを受けて…

20歳のときに突然、糖尿病になった。 家系上にも生活上にも原因らしいものは見つからず、 時間だけが9年も過ぎてしまった。
「なぜ病気になったのか?」
「数ある病気の中で、なぜ糖尿病になのか?」
もちろんずっと考えながら過ごしていた。

いろいろな本を読んだりしたけれど、原因はわからない。
ただ漠然とつかんだのは、ストレスが関係しているらしいということだった。

私は幼いころから精神世界や霊感、前世に興味を持っていた。
父から影響を受けたためだ。しかし、病気になってからますます
気や波動、精神、催眠療法を気にするようになっていった。

インターネットを利用しはじめてからはヒプノセラピーについてよく検索していた。
しかし、交通面や金銭面、感情面など、さまざまな理由から
実際に赴くまでには至らなかった。

HEAL ROOMとの出会いもメルマガがきっかけだった。
体験文を読んで「やってみたいなぁ」とは思ったものの、
遠いし、高いしで無理とあきらめていた。

しかしHPを見て、「受けるなら『自己改善7回コース』だな」と なんとなく決めていた。

そんな春のこと。ふと、「夏のお盆休みに行けるかも?!」と思い
お伺いのメールをカワシマさんにしてみた。
カワシマさんいわく、特に休みは決めていないとのことだったので、
職場の都合上、8月に休みを取って2日間貸切で自己改善7回コースを
していただくことになった。
決定したのは7月になってからである。

当日まで、受ける理由さえもカワシマさんには告げぬまま。
到着するとまず、糖尿病についてお話をした。
そして気功とヒプノセラピーをしていただいた。

7回中、2回のヒプノセラピーで母との過去世が出てきた。
その頃の私は、中途半端に良い子を演じていて「嫌」とはっきりと 言うことができない。
特に母に対してその傾向は強いことが分かった。

過去の私はついつい周りに流されてしまい、そのため自分で自分を抑え、
本当にしたいことを出来ずにいたのである。
今でも自分が何をしたいのか、わからなくなるときがある。
恋愛においてもしかりだ。過去を手放せず、なかなか次に進めないのだ。

2日間で7回のセラピーを受け、私が得たキーワードは3つ。

・あきらめない
・したいことをする
・過去にとらわれない

恋愛においても、過去を手放せないと言うことが多々あった。
なかなか次に進めないのだ。
過去にこだわりすぎて手放せない。

大いなる存在は、これこそが糖尿病のテーマだと言った。

*過去を手放す。
*今の状況を受け入れ、今を生きる。

以上が出来ない限り、糖尿病は治せないのだ。

最後のヒプノセラピーでは光の存在に会いに行った。
なんでも知っている神のような存在。

ヒプノセラピーに入るとすぐに私は頭の上からつま先にいたるまで、
全身を雲のベールで覆われた。
まるで、私を守ってくださるすべての存在に取り囲まれたような感じだった。
そして、私は思わぬものを手渡されることになる。

それは、私が知らないうちに交わされていた、遠い過去の契約書だった。

そこには糖尿病になると書かれていた。
その紙を破り、灰になるまで燃やして捨てた。
次に別の紙をもらうと、新しい契約を記した。
「私は健康になり幸せになる契約をします。」と。
日付と署名もしっかりと書き、カワシマさんの合図とともに空へ飛ばした。
雲のベールを通り抜け、契約書は神のもとへ。
私の周りを囲んでくださっていた方々が届けてくださったのだ。

大いなる存在のもとへ戻ると、私は光の存在に会いたいと告げた。
指示された方へ向かう。
そこにはベッドに肩肘をついて横たわっているピーターパンがいた。
ピーターパンに訪ねた。「光の存在ですか?」
 「そうだ。」
 「明るい未来が見たい」  

そして指示される方へと足を進めた。

足元を見ると白い靴下と赤いパジャマを着て、ベッドに腰かけていた。
私は仕事のとき以外でめったに靴下をはかない。
それなのになぜ私が靴下を履いていたかわかった。
 よほど寒いのだろう...(微笑)

その時、ふと 隣の部屋から人の気配を感じた。
のぞいてみると、 そこには横になりながらテレビを観ている男の人がいた。

「それはいつ?カレンダーを見て!」とカワシマさんの声。
 周りを よーくよく見渡すと壁にカレンダーが。
はっきり読めたわけではないが、 2004年2月or3月とある気がした。

「結婚してるの?」とカワシマさん。
 多分しているのだろうと思うけど、
あまりに近い日付に驚き。理性が働いているのかさえ分からない。
さらに近くに赤ちゃんがいるような気もする。
玄関に行くように言われ行ってみると、靴箱には私の靴のほかに男物の靴、
そして小さな小さな靴も入っている。  

  結婚しているんだ!

光の存在のもとへ戻り、たずねてみた。
私:結婚は出来ますか?
光:もちろん

私:どうしたら良いですか?
光:待っていればいい。何もせずに、あきらめずに。

私:子供は出来ますか?
光:もちろん

私:病気は治りますか?
光:もちろん、もう治っている

私:治すためにはどうしたら良いですか?
光:意識を変えるだけでいい、そして、したいことをすればいい
  (この質問をした時、すい臓に痛みを感じていた)

私:したいことが分からないのですが、したいことは何ですか?
光:結婚

そうか!意識をかえて、したいこと(結婚)をすれば病気は治るんだ!
過去にこだわらず、過去を手放すこと=意識をかえ、したいことをすることなんだ!
そう、それが糖尿病のテーマだったのだ!
だから意識を変えれば病気も治るし結婚もできる!

最後のヒプノセラピーと言う事で、さらに現在の仕事のことや
転職すべきかどうかなどを聞いた。

そして最後の最後に、今後夢でいろいろ教えてもらえるように
光の存在・大いなる存在両方にお願いをした。

家に帰ってから、何度も血糖を計っています。
今はまだ健康な人の数値までとはいかないけれど、
希望が持てたこと、良かったと思っています。

あと些細な事でプチ鬱状態になっていたのですが、
うれしい未来を見れたせいか最近は落ち込むこともなくなりました。

カワシマさんにはたくさんのアドバイスをしていただきました。
ヒプノセラピーを受けてすごく良かったです!!!
ありがとうございました。

 


■カワシマからひとこと■

TAさん、遠方よりお越しくださいまして、誠にありがとうございました。
また、病気を持ちながら沼津にいらしてくださいまして恐縮です。

TAさんの場合、病気を改善し幸せになるためには
「意識を変え、したいことをする!」こと。
 これがキーワードで、また潜在意識からのメッセージでした。

私(川島)はヒプノセラピストの他に気功師であり、ヒーラーでもあります。
私が思うに、TAさんは体全体に及ぶ「気の層の乱れ」に問題があると思われます。
この層は意識次元の層、とでもいいましょうか。

肉体(膵臓)の気の流れが良くなると、おのずと気の層も改善します。
また毎日の生活の中で意識改革されると意識次元の層も改善します。
TAさんの場合もそれは然り。
大いなる存在(潜在意識)がおっしゃいますように 意識を変えること!
これがTAさんいとって重要なことだと思います。

感想文の1節、

私:治すためにはどうしたら良いですか?
光:意識を変えるだけでいい、そして、したいことをすればいい

とは、TAさんが意識を変えたとき糖尿病も治る!ということです。
すなわち、病気であってもやりたいことをやりなさい ということではないでしょうか。

このセラピーを終え、TAさんは意識改革ができたと確信しております。 TAさん、明るい未来に向かって歩きだしてくださいね。
Copyright(c) 2001-2013 Counsering Kawashima All Rights Reserverd.