≪SKさんの遠隔ヒーリング受けての感想文≫

「遠隔の意外な効果」

私は以前から気功に興味があり『TVタックル』等に時々出演する秋山氏のセミナーに参加したのが初めてでした。
その時は数十人の人が集まってそれぞれ同時に椅子に 座って目を閉じ、
「何か感じたら手を上げて下さい」と言われ数分すると前面から圧迫 感を強く感じ、
「何これ?」と手を上げ目を開けると既に半数位の人が手を上げていま した。

別のセミナーでは初対面の女性に手に気を送ってもらったら12時間以上、手がジンジンとしていて驚いたことがあります。


私が川島さんに遠隔ヒーリングを依頼したのは精神の不安定と体調不良の為です。
初めて伺った時にカウンセリングと対面気功をしてもらいました。
川島さんに「眠かったら寝てもいいですよ」と言われたのですが緊張して眠ることはできませんでした。
気功をしてもらうと背骨が温かくなるのを感じました。
普段は自分に背骨があるとい うことを意識する人は少ないと思います。


気功ヒーリングが終わり川島さんに「頭がスッキリしたでしょう?」と
言われたのですが私は困りました。
ボンヤリして身体を起こしたくなかったからです。
そして以前はもっとハッキリと気の流れを感じられたのに、
「ここまで体調が悪いと気 が流れにくくなったり感じられなくなるのだろうか?」と思いました。

実際、後日に気を送ってもらうと鮮明になっていきました。
その後、少し話をして遠隔をしてもらうことに決めました。
精神不安に効果があったと 聞いたからです。
1回目にしてもらった朝は、また眠くてたまりませんでした。起きてもその日は 眠かったです。
2回目以降は頭がスッキリしてきました。
その時患部からビーチボールの空気が抜けるようにスーッと何かが出て行くのを感じました。
後で川島さんの日記を読んでいたら頭に邪気が溜まっている人は気功を受けると眠ってしまうことを知り、「ああ、私もそうだったんだ」と思いました。

私は暗く考えすぎる習慣があるからです。
遠隔をしてもらってから2、3週間ほどして再び伺って遠隔の話を聞きました。
川島さんは「遠隔では愛のエネルギーを送ります。
イメージとしては受けた方は愛に染まります。
愛とは一番高いエネルギーと考えてください。
愛は何をも愛し、また許し、愛は全ての人が同じように宇宙から受けているのです。
つまり、どの人も尊い人であり、元々どんな人も崇高な存在なのです。
愛のエネルギーに染まると元に戻るのです。
元々とは崇高な自己に戻るし、元の自己を思い出すのです。
遠隔を受けると、そのことに気づくことが早まるのです。」と
いうようなことを話してくれました。

そして例え話もしてくれました。
その例えにピンときました。 「そういえば・・・」とふいに思い出し私が話し始めました。
伺った2、3日前いつものように仏前で祈っていたら、
「祖父は私が父を嫌悪し続けていることを悲しんでいるだろうな。」とふと思いました。
そして父のことをぼんやり考えたらいつもの激しい嫌悪が無いのです。

エッ!と驚きました。 10年以上も父を嫌悪し続け
友人にも「早く父が死ねばいいのに!」と言い、そんな自分も嫌でした。
色々と辛い事があって今の父があるのだから父だけに責任があるのではない。
頭では理解できるのですが心は納得せず、お互いにギスギスしていました。
それが何故、突然変わったのか理解できませんでしたが、嬉しいことなので追求しませんでした。

その2、3日前も「あの人(父)はいつまで生きるのだろう?」と言っていたのに。
そして父と少しですが会話するようになり、とにかく父を批判する気持ちが無くなり楽になりました。
そう話すと川島さんは「そういうことなのよ。」と当然のように言いました。

私は長年の苦しみから解放された謎が解けて呆然としていました。
そのことに 期待していなかっただけに驚きも大きかったです。
私の精神不安と体調不良は少なからず父と関係があります。
父にこだわる気持ちが格段に減り(嫌悪感は無くなった) 、
周囲には解からないかもしれませんが自分では 良い方に向かっているのが解かるので少し不思議ですが嬉しいです。  

■■カワシマから一言■■

SKさんの遠隔ヒーリングは6回おこないました。
遠隔ヒーリングでは愛の気を送ります。
SKさんが書いてくれていますように今までの自分の気持ち(感情)に変化がみられます。
怒り・許さない気持ち・恐怖心・悲しみ・嫉妬・執着などの否定的な感情が、いつしか消えている!と皆様から報告されています。
遠隔ヒーリングは難病や原因不明の体の不調・心の不調などに効果が大きいです。
ホームページでも遠隔ヒーリングについて説明をしています。
遠隔ヒーリングについてのページをご覧ください。
また私が遠隔ヒーリングした日時や感じたことなどをホームページの、遠隔ダイアリーで公開しております。こちらもどうぞご覧ください。
Copyright(c) 2001-2013 Counsering Kawashima All Rights Reserverd.