≪NMさんのレイキセミナーに参加しての体験記≫


私には2回目のレイキセミナーでした。
本当はセカンドまでは別の所で受けていたのですが、別件で川島先生の所にお伺いしているうちに、レイキはサードまで受けて初めて意味のあるものだと聞きました。

私が初めてレイキを受けた当時、まだレイキを自分の願望を叶える為のもの・・・
としか捉えていなく、また教える側も本当のレイキの意味を教えてはいなかったのです。

最初のうちは、いろいろ試して使ってはみましたが、そのうちたまに困った時に使う程度になってきていました。
そして最近、私はかなり傷つくことがあり、川島先生の元を訪れるうちに、
今こそレイキが自分に必要なのではないかと思い、レイキの本当の意味と使い方を学ぶために、レイキ受講し勉強し直すことにしました。

ファーストからサードまで合計10回のアチューメントがありましたが、
最初に先生が気功でチャクラを整えてくれたせいか、ファーストのアチューメントから
左足の太股から付け根のリンパにかけてプクプクとなにやら皮膚下で動く感じがしました。

それも1回どころでなく、アチューメントするたびに、左半身のあちこちで同じような反応がありました。
先生に伺うと、「それはレイキが流れていること」とのことでした。
レイキが流れるとは、こういうことをいうのかと実感できました。

セカンドに入り、2回目の調和(愛)のシンボルのアチューメントを行なうと、今までなんともなかったのに、急に眠気を感じました。
そのアチューメントを終えた時、先生は私にメッセージを下さいました。
それは、愛を裏返して表現してはいけないというものでした。

自分は意識してはいなかったのですが、アチューメント中に、上に向かせていた手のひらが裏返ったとのこと。そして私自身に宛てたメッセージだったことを先生は教えてくださいました。
アチューメント中にメッセージが来るとは夢にも思いませんでした。

また、セカンド3回目のアチューメントで最後に合掌した時
散ばっていた光が一つにまとまりハートの形を作りました。
後で先生に問い合わせたところ、セカンド3回目は時間と空間を超越するシンボルでカルマを表すとのことでた。
私のカルマは「正しい愛を表現し、体感・体験すること。
愛を深めて正しい愛にすること。」と教えてくださいました。

先生に言われて気がつきましたが、私は先天性の心臓病を持っています。(完治はしています。)
ハートは胸のチャクラに関係していたはず。
私が心臓病を患って生れてきたのはこのカルマの影響なのだと初めて気づきました。

サードのアチューメントになり、目を閉じると今まで、様々な色や形が流れていたのですが、一転して白光に変わり、視界が明るくなったのが不思議でした。
10回目の最後のアチューメントでは、先生が邪気を取ってくださったせいか、かなりスッキリとした気分でした。
そして講義の内容もとてもわかり易かったです。

以前にレイキを受けたところでは、レイキを使っていくにあたり、
全面的に肯定する内容の講義で、注意点はありませんでした。
こちらではレイキを正しく使うための注意点を重点的に教えていただきました。


自己ヒーリングする場合は、同じ場所を長時間行なうと良い効果が得られないこと。
特に頭の部分ばかり行なうと人によってはフラフラになることがあるなど、
またヒーラーが体調不良時に、他人をヒーリングすると逆に相手の邪気を受けやすくなる場合もあること。
そして難病・重病などの大きな病気をヒーリングしることは簡単なことではなく、大変難しいこと・・・などなど

基本的に、レイキとは、まず自分自身を癒すために使うことが大切であるということ。
自分の願望を叶える為に、他者をコントロールするような使い方では
レイキ本来の力は発揮されないということを学びました。

講習会を終えた今、とても清清しい感じです。
自分を癒し、今度こそ、レイキを使いこなしていきたいと思っています。
先生、1日ありがとうございました。

■■カワシマから一言■■

NMさま、レイキ受講の感想文ありがとうございました。
レイキアチューメントの方法は、基本的なことは同じでありますが、
10回目のアチューメントのときに邪気を排出させ、
スッキリと清々しい状態になっていただきレイキアチューメントを終了させていただいております。
また、レイキを実際に使っていく場合の諸注意は、私がレイキを使いました実際の体験などを含め、説明・解説させていただいております。
MENU
HOME
Copyright(c) 2001-2013 Counsering Kawashima All Rights Reserverd.