≪遠隔ヒーリング体験談≫

・★・ 乳がん、リンパへの転移が無くなって! ・★・

母は1カ月前に乳がんと診断されました。
遠く離れて暮らしている私に何かできることはないかと思い、
とにかくインターネットでいろいろと検索していましたら、
川島さんの遠隔気功・遠隔ヒーリングのページにたどり着きました。

母はもともと気功が好きであったこと、
そしてホームページに寄せられたコメントがとても良かったので、
川島さんと信じて遠隔気功をまずは10回申し込みました。

川島さんから私に「一緒に遠隔気功に参加して手伝っていただけないか」と言われ、
私も遠隔時間にお祈りという形で参加させていただきました。

母は乳がんの痛みを胸に感じ、また、胸に熱がこもったようになっていたのですが、
遠隔気功から1〜2日でそれがおさまり、とても驚き、そして喜びました。

母の容態がとても良くなりましたので、手術の延期を申し込みましたが叶わず、
予定通り手術となり、さらに10回の遠隔気功をお願いしました。

imageお医者さんからは、「リンパに転移している」と言われていましたが、
手術時には、「リンパへの転移がない!」と言われました。

一番うれしかったのは、精神的に母がとても落ち着いてきたことです。
母娘の仲も愛に溢れて、遠隔気功を受けたことが
二人の人生をある意味リセットしたと思います。

本当にありがとうございました!
深く感謝申し上げます。


・★・ カワシマからひとこと ・★・

遠隔気功・遠隔ヒーリングでは、愛の気を送ります。
乳がんの方は、どの方もお悩みを抱え
胸にたくさんの邪気があります。
また、外部より良くない念を送られていることもあり
そのような場合は、遠隔の気で邪念を中和したり
お身内の方のお祈りによって中和したりして
胸を愛の気で一杯にします。
遠隔気功・遠隔ヒーリングは医学では証明が取れませんが、
リンパへの転移が無くなっていて本当に良かったです。
また、ご感想のように親子関係がさらに良くなって
お母様がお元気になられたこと、川島の喜びです。
益々のご健康回復をお祈りしております。

MENU
HOME
Copyright(c) 2001-2013 Counsering Kawashima All Rights Reserverd.