≪50代女性HYさんの感想文≫

坐骨神経痛と母の原因不明の病を気功と遠隔を受けての感想

川島先生の気功療法を受ける前に、、、
(実は先生にも話していなっかたのですが)
近場の気功整体に5〜6回通い、何の変化が無いのに失望していたのです。
そこへ川島先生のホームページに導かれるように、でも半信半疑で遠隔ヒーリングをお願いしました。

私は2年間坐骨神経痛を患い、病院、はり、良いと言われれば東京まで行ったのですが、とうとう治りませんでした。


また母は87歳で6年間の原因不明のめまい、耳詰まり、微熱等々。
辛い毎日を送っていました。
「もう歳だし辛いのでいつ死んでもいい」と誰にも言わずにいたそうです。
それを川島先生の遠隔ヒーリングで見事に言い当てられ、それはそれは驚きでした。


また、母が直接気功ヒーリングをしていただいた時、
私に「何か詰まっています。やさしく左下腹を擦ってください。」とご指示を頂き、何なのかと思いつつ擦り始めました。

すると、卵ぐらいの大きさの塊が…「がん?」…
それは便が詰まっていたのですが、、、

先生が触らずに言い当てられたので、半信半疑もぶっ飛んでしまいました。
その晩、母は便秘解消でした。


ただいま徐々に回復し、少しですが好きな庭の手入れや散歩をして、笑顔と生きる意欲も出てきています。

私の坐骨神経痛も最初何回かは遠隔ヒーリングでしたが、ある晩ふと目が覚めて、また目をつぶると様々な色、形がぐにゃぐにゃと変化した光のような不気味な映像が浮かんで来るのでした。
でも面白く、また心地は良かったのです。

あとで先生にうかがうと遠隔ヒーリングしていた時間だそうで、
「少し、強すぎたかしら?今度は気をつけなければ…」と。



直接気功ヒーリングの後、とても疲れましたが好転反応かなと思いました。
先生にまだ無理はしないよう言われていたのに、つい調子が良いので芝刈りをして悪化させてしまいました。
その後、2日続けて気功ヒーリングをしていただき軽くなりました。
今度は気をつけます。


また、体力、気力、冷え性が治って来ています。
だんだん体質改善を気功で治し、先生に頼りきらないで、気功教室に通いたいです。
また、普段の生活態度にも気をつけることも先生の適格なご指導により、しっかりと自覚することができました。
あとは積極的な実行です。
                         
MENU
HOME
Copyright(c) 2001-2013 Counsering Kawashima All Rights Reserverd.