≪治療法がない癌、痛みの軽減の症例≫

・★・ H様への遠隔ヒーリング体験談 ・★・

[ HK様より受信メール ]

川島様
突然すみません。
去年、2月にがんと宣告されました。
非常に珍しく治療法が無いと言われました。
余命一年未満でした。

抗癌剤治療なく、時々痛む程度で過ごせました。
その間も転移はふえ絶望感。
今年に入り体調悪くなり寝込む事もしばしば。
背中、腰の痛み、歩行困難などの症状もあります。
かるい食欲不信、腹水もあります。

いままで、フコイダン、プロボリス、春うこん、波動水、イネイト整体など試しましたが聞く気配はありません。
不安です。遠隔治療について教えていただきたいです。
また、何回ほど行えばよろしいのでしょうか?

[ 川島より送信メール ]

H様
はじめまして、川島です。メール、ありがとうございました。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

内容を読ませていただきました。
癌ということで、また、非常に珍しく治療法がないこと
余命一年未満と宣言されたことなど
お辛い状況とお察し致しました。

遠隔ヒーリング(遠隔気功)についてのお問い合わせくださり
ありがとうございました。
遠隔ヒーリングは、とても不思議なことですが
気は距離に関係がなく、作用しますので一度お試しいただきたいと思います。
遠隔ヒーリングは、10回ほどお試しいただくのがよろしいと思います。
川島しづ枝



[ HK様より受信メール ]

夜分すみません。
10回分お願いしたいと思います。
名前はHKです。生年月日○年○月○日
日時はお任せします。

私の癌は小円形繊維形成性細胞腫瘍と言う珍しい癌です。
治癒例なく報告例もほとんど無いようです。
身体中きりきざまれ三年生存例もあるようですが進行が早く早くて1ヶ月、平均7ヶ月だそうです。
去年の3月1番大きな腫瘍は切除しましたが、まだ大きな腫瘍が直腸付近にあります。
また、腹部に小さいのが無数、肝臓、腎臓に転移あり。腹水も少し溜まっています。
今年に入って食欲不信、背中、腰、腹部の痛みがだんだん強くなっています。

不思議な事に去年までは痛みなどほとんど無く食欲も旺盛で太る程でした。
確実に腫瘍は大きくなっていましたが体調は風邪なども一切なく過ごせていました。
直腸付近、肝臓、腎臓の腫瘍。
それに伴う背中と腰の痛みが今は辛いです。



[ HK様より受信メール ]

川島様
遠隔ヒーリングをありがとうございます。
おかげさまで、今は薬無くても痛く無いです。不思議ですね。
今まであらゆる事してたのに、なにひとつ効果無かったのに。
自分は、病気は治らないと覚悟してます。
ただ痛みが嫌です。それが無くなっただけでありがたいです。
少し気が楽になりました。
いろいろとありがとうございました。


・★・ 川島からひとこと ・★・

HK様、遠隔の観想をありがとうございました。
ご病状をお察ししますと、お辛い状況で言葉をありませんでした。
ご病気を理解していているということでしたが、痛みが嫌だというお気持ちとても良くわかります。
人は病気で動けないときがありますが、特に痛みが嫌だと思います。
痛みで眠れない、痛みで動けない、痛みでしゃべれない・・・・・
病気になっているよりも、痛みが耐えがたくとてもとても辛いのです。
遠隔ヒーリング・遠隔気功は医療行為ではありませんが、上記は遠隔ヒーリングで痛みの軽減ができたという症例です。

MENU
HOME
Copyright(c) 2001-2014 Counsering Kawashima All Rights Reserverd.