《 ヒプノ(催眠)セラピー(人を癒すこと) 》

人はプログラミングといって潜在意識にプログラムされていることが無意識的に行動・態度・表情として出てきてしまい現在の生活に影響を及ぼします。 頭では理解しているが、ついついやってしまうこと、気をつけているつもりでもできない・・・というのは潜在意識にネガティブなプログラミングがあるからです。もちろん意識しながら行っていけば解決されていくものですが、それにはだいぶ時間がかかってしまうと思われます。
そこでヒプノセラピーで潜在意識のネガティブなプログラミングを解除したり、記憶を書き換えたりしますと、割と早くお悩みなどを改善していきます。記憶の書き換えとは、なんとなくイメージ的に持っているもの=イメージですがそのイメージチェンジをはかるとお考えになってみてください。
催眠は特別な意識状態と考えられがちですが、そうではありません。とても普通の状態なのです。 「催眠って眠っていること」と思われている方もいますが眠っていることでもありません。 簡単に説明すると「ごく普通の状態で目を閉じて、起きながら夢を見ている感じ」とでも言いましょうか、 そしてそれをしっかり覚えています。起きていて意識もあり、またそれを覚えているのです。
つまりコントロールされたり、何かをしゃべってしまうということはまったくありません。 ですから自分だけ映像を見たり声を聞いたり感じたりして、それを話さないことも出来ます。 いろいろな方に「催眠」というイメージを聞くと、催眠ショーなどでやっている様子、つまり 無理矢理コントロールされてしまうと思っている方がほとんどです。テレビでやっていることとは目的が全く違っています。

イメージ画像


自分の心の中をのぞくこと=自己改善を目的とする催眠(ヒプノセラピー)

催眠状態(潜在意識が開かれた状態)は人によってそれぞれ違っています。自分の得意な感覚を使って、潜在意識から情報を引っ張ってくるので 、映像まで見る人もいれば、先に音や声が聞こえてくる人もいます。またある人は状態がよく解らないけど悲しいという 感情を先に感じたりします。催眠状態があまりにはっきりしているので、入っていないのではないかと思ったりする人も います。コツはあなたが「よし、出てきたことを疑わず、信じて入ってみよう」と心を開いたときにいろいろな催眠体験ができます。一旦このコツをつかむと、自分でもおもしろいほど潜在意識へどんどん入っていき、自分の心とのコミュニケーションを とることが可能になります。

催眠療法(ヒプノセラピー)は痛みの軽減、否定的態度や習慣を変える、創造力の強化、心のトラウマを癒す、ストレスの軽減、リラクゼーション、 集中力増大、自信をつけること等など、様々なことに有効活用することができます。そして、ヒプノセラピーにより、潜在意識に閉じ込められている 問題点やネガティブな思考・習慣などを開放していくことで、問題を解決していくことができます。他の心理療法と比較してみても 効果が高く、あなたの心を癒していくことができます。以上のことをご理解の上、安心しておまかせください。


(催眠療法)ヒプノセラピーの実際 >>
(催眠療法)ヒプノセラピー Q&A >>
リアルに感じる!ヒプノセラピー体験談 >>


HOME
Copyright(c) 2001-2014 Counsering Kawashima All Rights Reserverd.