≪YMさんの2ワークのヒプノセラピー感想文≫

脳腫瘍らしきものが発見されセラピーを受けて

脳に腫瘍らしきものがある。
そうわかったのは、海外で交通事故に遭い検査を受けたときのことです。

「日本に戻ったら半年おきに検査をするように」と医師から言われ、
帰国後すぐに診察を受けました。
結果は、腫瘍は生まれつきのもので悪性ではないとのこと。
医師いわく、脳の中心部にあるため、むやみにはいじりたくないそうです。

しかし、腫瘍が原因である問題が起きていたのです。
睡眠に影響を及ぼし、人よりよく眠るようになっていたのです。

受験という大事な時期を控え、この状況をどうにかしたいと思っていた矢先、
母の友人から川島さんのことを知り、セラピーを受けることにしました。

セラピーでは川島さんに誘導され、幼い私に会いに行きました。
その子は、昔住んでいた家の近くにある公園で一人泣いています。
泣いている理由を聞くと、
「習い事をしているのでお友達と遊べない。」
さらに、かなりの寂しがり屋だったのでした。

その子をなぐさめ癒したあと、一緒に大いなる存在のいる家に行きました。
大いなる存在の住まいは木造の大きな家。
私よりも背の高いひまわりの畑に囲まれていました。

ドアーを開けると、大いなる存在が車椅子に座っていました。
大いなる存在は、ピノキオに出てくるおじいさんのような人。
すごく優しく私に接し、窓の向こうを見るように言いました。
そこを見ると、、、

大きな木の下に、大きな角を持った羽の生えていないペガサスがいます。

「キミの腫瘍が無くなる頃、あいつの羽も大きく生え、空に飛んでいくだろう」
大いなる存在は私にこう言いました。

次に、街の図書館に行くように言われました。
そこはヨーロッパ風の大きな図書館。
中年の綺麗な女の人が迎えてくれます。
二階に連れて行かれると、緑色の表紙をした白紙の本と、
水につかった綺麗な小石を渡されました。

その後、大いなる存在のところに戻った私。
プレゼントの意味を尋ねると、こう言われました。

「その本には、これからキミが作るストーリーがしるされるのだ。
その小さい石はキミが大人になったら、中に入っている水がなくなり 石が取れようになるから」

  つまり、石と水は病気のことを表しているのです。
小さい石=腫瘍、水=精神性(大人になること)を表しているのだと思いました。

セラピーを終えた今、私は母や家族に「自分はさびしい」と、 とても素直に言えるようになりました。 そうなることで、気持ちも楽になりました。

腫瘍の経過についてはまだ検査をしていないので分かりませんが、
体調はとてもよいと感じています。

■■川島から一言■■
YMさんはまだ10代。脳の腫瘍がもたらす心の重圧は想像に堪えるものがあります。
これから受験ということもあり、私のもとを訪れた時
YMさんはとても不安を感じていました。

ヒプノセラピーを通して分かったのは
第一にYMさんが相当の寂しがり屋だということです。
その本性は表に出さないばかりか、YMさんご自身も気づいていないようでした。
真の感情に偽りながらの生活は知らぬうちに負担となるもの。
これまでさぞかし辛い思いを強いられたことでしょう。

次に、YMさんの潜在意識からメッセージを受け取ることもできました。

「YMさんの潜在意識からのメッセージ」とは
○これからの人生は自分が作るということ
○腫瘍は精神性を向上させるポジティブなものだということ

上記の2点を胸に、YMさんは今後の人生を送っていけると確信しております。
病気であるということは、言いかえれば 精神を鍛えているということではないでしょうか。
つまり、精神性を向上するために病気は必要なのであり その目的が達成されたとき、
病気は自ずから消えてなくなるのだと思います。

YMさん、体験感想文ありがとうございました。
末筆ながら、YMさんのご健康とさらなるご活躍を心よりお祈り申し上げます。
Copyright(c) 2001-2013 Counsering Kawashima All Rights Reserverd.