≪KKさんの自己改善7回コースの体験感想文≫

行動修正催眠&カウンセリングを受けて

今回、行動修正催眠を受けようと思ったのは、今まで自己改善7回コース等 ヒプノセラピーを受けて心の傷はだいぶ癒せたけど、自分のテーマのひとつで ある「表現すること」がまだまだできていないと感じたからです。 自分で「話す」ことを意識して気合を入れてがんばれば、なんとか話せるのですが、 気合を入れることなく普通に話せるようになりたいと常々思っていました。

初めから行動修正に頼るのではなく、自分でできる範囲でやってみようと 日々話すことについてチャレンジしてきましたが、私には難しいことがわかったので、 行動修正催眠を受けることにしました。

はじめはカウンセリングでした。 私は思っていることの半分も口に出せない、と川島さんに言うと、 川島さん「なんで?」 私「言って良いことと、悪いことがあるから」 川島さん「言って良いとと、悪いこと、なんて、ないと思うけど・・・」 私は、今までいろいろな人からとても傷つくことを言われてきたので、相手には そういう思いをさせたくないと言うと、 川島さんは、「傷つくのは誰の責任でもなく自分の責任ではない?  なぜなら傷つかない人は、何を言われたとしても傷つかないでしょ。 人に傷つけられるのではなく、自分で傷ついているのではないの?」と 話してくださいました。 受け止める側の問題っていうことか。。。

確かにそうだよね!振り返ってみると、私は必要以上に傷ついてきたのかも。 カウンセリングの後、催眠状態に入り、話すことに対してのネガティブな考えに 気づき、潜在意識に行動修正のための暗示を入れることになりました。

川島さんの誘導で初めにインナーチャイルドに会いに行きました。 インナーチャイルドは小学校の校庭で友達と砂遊びをしていました。 声をかけると「おねえちゃん(私)は考え過ぎなんだよ。 おねえちゃんは大人だから仕方ないけど、言う前に考えるのは今までの3割で いいんじゃないの。」と言ってきました。

え〜〜〜? たった3割でいいの??そんなものかな〜と思いつつ、大いなる存在の お城に行きました。いつもの部屋に行き、 存在に「もっと話せるようになりたいんです」と言うと、 存在「いいじゃん別に。気にするな〜♪」 川島さん「それがAさんらしさなのだから、無理をしないで今のままでいいという ことですか?」 存在「そのとおり!」 そんな殺生な〜(>_<)。私は「どうしても話せるようになりたいんです。 せめて人並みになりたいんです。」と訴えると、 存在が「そうか。じゃ、あれを見なさい」と言って、先の方にあるドアを指差しました。

ドアを開けて中に入ると、金髪の5歳くらいの女の子がベッドに臥せっていました。 しばらくすると大人の男に呼ばれました。出番がきたようです。 女の子は部屋を出て、舞台に上がり大人顔負けのしゃべりを披露しました。 観客は大うけ、拍手喝さいです。 舞台から戻ると、またベッドに寝転んでしまいました。とてもつまらなそう。 この子は仕事で話さなければいけなかったのです。 話したくないときでも、仕事だから話すしかない。 いま見たイメージを川島さんに伝えると、「話すことに義務感があったんだね。 自由に話せないのが嫌だったんだね」と。

私にとって話すことは義務だったんだ。 今まで考えたことはなかったけど、こうして自分の心の中をのぞいてみて 気づくことができました。 そして行動修正の暗示に入りました。

川島さんの心地よい声で「話すことは楽しい」などのフレーズがどんどん 頭の中に入ってきました。それをただ聞いているだけです。 催眠は長いような短いような、でも何か自分の中にあったネガティブなものがボロッと 取れたような感じで、催眠から覚めると、心も体も軽く、とても心地よかったです。 家に帰ると、さっそく効果を実感する出来事がありました。

久しぶりに姉が来ていたので、今年買うつもりでいる新車の話をしました。 すると「そんな車やめな!下取り安いし、よくないよ」と言われ、その後話が 車とは関係のない、私の日頃の生活態度にまで及びました。 姉は口が達者で、ズバズバ物を言います。姉は私が何事も何も考えてない、 わかっていないと頭ごなしに言い始めました。 今までなら何も言わず無視するのですが、今回は「私だってちゃんと考えているんだよ! 何も考えてないなんて、超失礼だよね!わかってないのはそっちなんだよ!ムカツク!」と、 言い返していました。

言わずにはいられませんでした。 自分の部屋に戻り、それでも怒りが収まらなかったので、「あ〜ムカツイた!」と 何度も叫ぶと、胸のつかえがとれてスッキリしました。 今までは相手に怒りをぶつけずに、たいてい自分の中に閉じ込めていました。 こんな怒りを溜めていたら、心だって体だって不健康になるよな〜。 相手にぶつけることができないなら、一人で部屋で叫ぶこと。 感情をどんな形であってもためずに解放することが自分のために大切だと実感しました。

その後、今まで言葉を発するのに一息おいていたのが0.5息くらいに縮まりました。 また「こんなこと、話すようなたいしたことじゃないや」と思って今までなら 話さなかったことも、話すようになっていました。 その状態が続いたのは2週間くらいでしょうか、だんだんとゆるやかに、話すことを あまり意識しなくなりました。話したいときに話せばいいのだ!ということがわかり、 自然にまかせるようになっていました。 でも、もっと自由に話せたらいいな〜と思い、1ヵ月くらいした後もう一度 行動修正催眠を受けることにしました。


はじめに前回の行動修正での変化を報告しました。次にカウンセリングです。 川島さん「言うことに価値があるって考えたことある?」 言うことの価値?価値なんてあるの?考ええたこと、ないな〜。 川島さんは、このことについてご自身の体験を交えお話して下さいました。 言うことは、自分の望む現実を創ること、言うことで手に出来るものをお金に換算したら、、、 と考えるとわかりやすいよ。 言わなければ何も始まらないし、変わらない。言わなければ、私の望むようにはならない。 相手はそれでいいのだと思うから。などなど。 また、自分を許し、好きになること。なかなか難しいことだけど、 初めに自分を責めること、嫌いになることをやめれば好きになることに つながっていくということ。 好きな人にはあれもあげたい、これもあげたいと、よくしてあげたくなる。 でも嫌いな人には何にもしようとは思わない、これは潜在意識も同じで、 自分を好きなら何でもプレゼントしたくなるもの、など、自分を好きになることについて も話してくださいました。

う〜ん、確かに。。。 もしどこかお店に行ったとして、店員さんに、「誰か紹介してくださいよ」と言われたら、 誰か紹介できる人はいるかな?って考えるもんね。 何も言われなければ、私も気にとめないし、何もしないよね。 今まで私は言わなさ過ぎてたな。もっともっと自分の要求を表現していたら、 今とはぜんぜん違う生活をしていたかも。あー(汗) すごくもったいないことをしてきた!いまさら遅いけど。 でも今気がつくことができてラッキーと思うことにしよう。 そしてこれからは、少しづつでも表現し、変わっていくんだ!と自分に言い聞かせました。

カウンセリングの後、いよいよ2回目の行動修正催眠です。 新セラピールームでの初めての催眠です。椅子はグレードアップして座りごこち抜群、 足をゆったりもみほぐすマッサージもついていました。 薄暗いスペースで心身をを休ませる誘導が始まりました。 初めにインナーチャイルドのもとに行きました。 川島さん「のどのつまりを取ってあげて。」 インナーチャイルドののどに何かつまっているみたいだったので、 口を開けさせると奥にツタのようなものが見えました。 引っ張るとどんどん出てきます。 出しきれるのかな?と心配するほどありました。 ずるずると引っ張って引っ張って、全て出しきり、すっきりした後、 私が見たほうがよいものがあれば、指を差してと川島さんから指示がありました。

インナーチャイルドを見ると、どこか指差しています。 でもその先に何があるのかよく見えません。 私「私に見せたいものって何?」 インナーチャイルド「ん?ないよ〜。ただ指差ししてみたかっただけ。」 あらあら(笑)。 次に指差したほうを見ると、広場の真ん中に噴水があり、のぞいて見ると 中にきらきらしたものがいっぱい入っています。 小さい頃に見た絵本やアニメなどに出てくる宝物のイメージでした。 いよいよ暗示に入るところで、川島さんから提案がありました。

「今から入れる暗示は・・・
1.もっと話せるようになること、
2.自分を好きになること。

どちらがいいですか?」 どっちがいいかな?と考える間もなく、2.の数字が浮かんできたので、 自分を好きになるという暗示を選びました。 その後は、川島さんがどのようなフレーズを使って暗示をしているのかわかりません でしたが、とにかく「自分を好きになる」というポジディブな言葉の連続だったように 思います。

前回は催眠状態にいながらも「なんていう言葉を使うのかな?」と気になってしまい、 フレーズを覚えようとしましたが、 今回は「まあいいや。おまかせしよう。」と余計なことを考えるのをやめ、 ただただ、リラックスし心地よさを体感していました。 催眠から覚めるとしばらくボーっとしていました。 暗示の一つ一つの言葉は覚えてないけど、とても気分がよく、 「私はどんな私であっても、私でいいんだよね〜」という感情がわきあがってきました。

川島さんは、カウンセリングをしながら、話すことよりも自分を好きになるという暗示を 入れたほうが深く癒せると感じたので、どちらの暗示にするか私に選ばせたとのことです。 川島さんに「自分のこと、好き?」と聞かれました。 私は「はい!もちろん!それは当たり前のこと!」と即答しました。 今までなら「う〜ん、好きじゃないな。不器用なところがいやなんだよ」などと思うのに、、、不思議です。

その後家に帰り、「自分のことが好き?」と聞いてくれる人がいないので自問自答すると、 やはり答えは「はい!好き!」になりました(笑) 行動修正を受けて間もなく、新しい変化がありました。思いがけずある男性と出会い、 付き合い始めました。

彼氏いない歴を更新しつづけてきた私にとって、奇跡的なことです。 彼氏が欲しくて行動修正を受けたわけではないので意外な展開に驚いていますが、 これが川島さんの言っていたプレゼントなのかな?と、、、  一人ではなく二人でいることの喜び、楽しさを素直に受取っています。 彼は私とは正反対のタイプで、よくしゃべるし、思ったことをその場ですぐに表現します。 わがままで時々振りまわされてしまうけれど、何を考えているか、 何をしたいのかがとてもわかりやすくて、もっと自分を出してもいいんだと いうことを彼をとおして学んでいます。 今までは「あれができないから、これもできないから私はだめなんだよね」と なんとなく思っていたのがすっかりなくなり、できなくてもいいじゃん、私は私で。 とにかくいいんだよ。と無条件に思うようになっています。 頭で難しく考えずに、シンプルに感じ、表現し、自分が心地よくいられることが 何よりの幸せということがわかり、日々軽やかな生活を送っています。  




―――― 川島から一言 ――――

私のところには、いろいろなことで悩んでいる方がご相談に来ております。
その中で「しゃべれるようになりたい」「もっとしゃべれたら〜いいな〜」 また「緊張しないで話せるようになりたい」などなど、話をする!ということに 対してのお悩みも多いです。

カウンセリングは川島流とでもいいましょうか〜 私の体験や、また独自の 理論で、わかりやすく説明させていただきます。 そして、通常のヒプノセラピーをおこなった後で、行動修正催眠をおこないます。

行動修正催眠とは、聞きなれない方も多いのではないでしょうか〜 基本的には、受ける側はただ座って聞いているだけの催眠療法です。 行動修正催眠は、潜在意識にポジティブなイメージを暗示していきます。

また、精神不安定の方には、「安心する」という暗示と気功ヒーリングを受けて いただきますと、とても顕著な効果があります。 行動修正催眠は「禁煙」「ダイエット」などのクセ的修正に使う場合もあります。 行動修正催眠は、数回受けていただかないと効果が現れにくいのですが 通常のヒプノセラピー・気功ヒーリング・遠隔などを併用することによって、 行動修正催眠の効果は持続し、MRさんのように、たった2回だけでも 話せるようになってしまいます。

そしてMRさん、率直な感想文をありがとうございました(^^)。川島も感激です。 MRさんは、今、ラブラブで〜 幸せの真っ只中ですね〜  それは、MRさんが自己を向上させよう!と、思ったことが実現したのですね〜。 どうぞ、末永くお幸せに〜〜〜(^。+)
Copyright(c) 2001-2013 Counsering Kawashima All Rights Reserverd.